2020-07-22

関原の森のつぶやき みどり近況編

関原の森のみどりの近況  07/29

本日、天気はよくありませんが、
近くの保育園の園児が散歩がてら、虫取りがてら、
関原の森に遊びに来てくれました。

関原の森では、日々、徐々にセミの声が大きくなってきています。
梅雨明けもちかいのではと…

また、いわれのある『ねむの木』の花が咲き始めました。
関原の森には2本のねむの木があります。
まちづくり記念館東側の入り口近くに植えられています。

足元が悪いですが、気を付けて見上げてもらうと、
クジャクの頭のようなピンク色の花がみられるかと思います。
ピンクの目立たない花です。

一度、見に来ていただけると、きっとねむの木のファンになるかもしれません。

ねむの木の花

虫取りに夢中

20200729

関原の森のみどりの近況報告

関原の森では、梅雨の季節となり緑が生き生きしています。
恵の小径では、それぞれの果樹が実をつけ始めました。

柿、夏みかん、レモン、イチョウなどの樹が
まだ青々とした小さな実をつけています。

大きく色づき、おいしそうになるのはまだまだ先のはなし。
まずは、小さな実の成長を楽しみましょう。

コロナ禍の中で、運動不足を解消するためにも、
関原の森へ散策にお越しください。

8月には土曜オープンのせきもりカフェも再開します。
散策の休憩に、また足を延ばして荒川への中継地としてもご利用いただけます。

緑と昭和の洋館の雰囲気を味わいにお越しください。
お待ちしております。

恵(めぐみ)の小径

恵(めぐみ)の小径は、まちづくり工房館の東側にある散策路です。

いま成長中の果樹の実です。

夏みかんです。

レモンです。レモンはまだまん丸です。

レモンの実

イチョウは実をつけています。ギンナンです。

左が夏みかん、右はギンナンです。まだまだ小さいですね。

夏みかんは、これから直径約10センチに、
ギンナンは約3センチぐらいに成長します。

お楽しみに!

また、お知らせですが、関原の森では、森の再生に向けて
計画を立てて
森化を進めていきます。

皆さんの意見と森の再生への参加を、今後お願いしていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

また、森の再生については、あらためてお知らせいたします。

ご期待ください

20200722


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.