施設案内

関原の森

「関原の森」は、1930年(昭和5年)に開園した、愛恵学園という社会福祉施設の幼稚園の跡地にあります。1990年(平成2年)、その60年の歴史に幕を閉じたあと、足立区がこの敷地を譲り受け、1994年(平成6年)に新たなまちづくりの複合拠点として生まれ変わりました。

「関原の森」施設配置図敷地は、大きな「しいの木」のある広場を中心に、「愛恵まちづくり記念館」と「まちづくり工房館」、そして豊かな緑に囲まれています。

また、出入口のゲートシャワー、消火用のポンプとホースの収納箱地下には貯水槽を備えた、まちの「防災拠点」にもなっています。

 

愛恵まちづくり記念館

愛恵まちづくり記念館愛恵学園「愛の家」を曳家・改修したまちづくりのシンボル施設です。
区民、事業者、区が手をとりあって進めていくまちづくりを学び、実践する地域的拠点として開放しています。

貸し会議室、レンタルスペース、イベントスペースとしてもご利用いただけます。

  • 木造2階建て
  • 建築面積:235.92㎡
  • 延床面積:423.49㎡

| 施設の詳細 | ご利用案内 |

 

まちづくり工房館

まちづくり工房館地域工業者に快適な作業空間を提供し、住工共存のまちづくりを実践するスペースになっています。

貸し会議室、レンタルスペースとしてもご利用いただけます。

  • 鉄筋コンクリート造2階建て
  • 建築面積:694.81㎡
  • 延床面積:990.08㎡

| 施設の詳細 | ご利用案内 |

 

関原の森には、駐車場はございません。公共の交通機関をご利用の上お越しください。