2021-03-22

〇首都圏における緊急事態宣言が解除され、施設の利用条件が一部変わりました。

〇まちづくり工房館会議室が利用できるようになりました。

1.緊急事態宣言が解除されました。
緩和された利用条件のもとで、ご利用が可能です

首都圏に発出されていた緊急事態宣言が解除され、
新たな使用条件により施設利用が可能です。

 

足立区では、緊急事態宣言解除を受け
新たなコロナウィルス感染拡大防止ガイドラインに
もとづき
施設の貸出を行っています。

〇愛恵まちづくり記念館の施設利用時間の制限はなくなりました。

日中の利用は、 午前9時 ~ 午後5時30分まで

夜間の利用は、 午後5時30分~午後9時30分まで
        (片付けの時間を含む)まで。

●来館者の安全の確保
1)利用者・入館者情報の取得

 利用者、入館者の方の利用者名簿を作成するために、利用票にご記入していただきます。(氏名、電話連絡先など、)
 ※利用者の方の体調により入館の自粛をお願いすることがあります。

2)マスク着用義務及び手指の消毒

入館にあたっては、利用者の方のマスク着用と手指消毒、検温にご協力ください。

3)利用者及び入館者への同時利用者数の制限の解除

①室内の利用(会議室、談話室での通常の会議等)

 〇 収用人員 定員数まで利用可能です。

室内での大きな声を出すような利用。 例:コンサートなど

 〇 収用人員 定員数の50%まで。

②室外の利用

 〇 制限はありません。

③密対策は継続的に実施します。

〇 利用時間は2時間程度を原則とし、1時間に1回以上の窓開けによる換気等をお願いします。

〇 できる限りソーシャルディスタンスを確保する
  館内及び会議室内において極力ソーシャルディスタンスの確保をお願いします。

4)談話室の利用について

大人数での利用を制限するとともに、利用時間は1時間程度とします。

<その他お願いしたい感染防止対策>

・手洗い、うがい、消毒の徹底
・体調不良の方の参加制限
・大きな発声の制限
・施設内での飲食等の自粛

 

2.4月よりまちづくり工房館会議室が
従来のように利用可能になります。

本木関原住区センターの改修工事が終了し、
児童館が住区センターでの開館になるために、
工房館会議室の利用が可能になりました。

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PageTop