2019-10-09

関原浪曲の会、開催します!

『関森に三味の音と浪花節がひびきます!』

  関原の森で初のこころみ、浪曲の会が仲間入りです。。 

明治の時代から長く受け継がれている演芸である浪曲を、
関原の森で満喫してみてはどうでしょうか。

若手実力派の浪曲師の浪花節と足立区在住の曲師の三味の音を
お楽しみください。

出演者紹介
■ 国本 はる乃(くにもと はるの)
出身  茨城県稲敷市
   師匠 国本晴美

入門のきっかけ
父親の友人宅に遊びに行った時に三味線を勧められたが、当時小学校四年生で手が小さく棹が掴めず、三味線ではなく浪曲師になった。

■ 馬越 ノリ子(うまこし のりこ) 出身 東京都足立区
   師匠 伊丹 秀敏

入門のきっかけ
平成20年(2008年)日本浪曲協会三味線教室に参加、後に伊丹秀敏師に師事。自己PR、生涯現役

当日、ご希望の方があれば、三味の音に合わせて浪花節が
うなれるかもしれません。こうご期待!

 

日 時:
2019年11月9日(日)15:00~16:00頃
会 場:
関原の森愛恵まちづくり記念館 1階会議室
木戸銭:
無  料
定 員:
40名程度(会場が満員になり次第入場できません。)

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.